執筆者:Ferran Martinez

 カンプ・ノウで行われた試合は3-4で勝利していたが、この試合のベティスには効率性が欠けていた。それはセティエンが最も後悔していることである。「多くのチャンスは作ったものの、あまりにも多くをミスした。決めるべきときに決められなかったことが残念だ」

 セティエンを悩ませた問題のひとつは、エルネスト・バルベルデのアプローチだ。「アルトゥーロ・ビダルの起用で、スペースを見つけるのが難しくなった。試合をコントロールしたのは我々だったが、カウンターで脅かされる場面が少なくなかった。バランスが悪くなったことで、選択肢も限られてしまったんだ」

 終了間際、メッシのハットトリックにベティスファンたちは大きな拍手を送った。セティエンはこの行為が誇らしいと述べている。「ファンはずっと我々を応援してくれていた。彼らがメッシに拍手を送ったのは、このスポーツが人々を楽しませるために存在しているからだよ。メッシのパフォーマンスは並外れていた」

 セティエンは続ける。「メッシはこのレベルを10年間続けている。ペレだってこんなにフォームを持続させたかは分からない。脱帽するしかないよ」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部