執筆者:Ferran Martinez

 メッシが3点目を決めたとき、ベニート・ビジャマリンのスタンドから大きなから拍手が起きた。試合後、『LaLiga TV』にこの件を質問されたメッシは「ベティスファンに感謝している。相手チームのファンからゴールを祝福されたのは記憶にないよ。とても重要な勝利だった」と答えている。

 ただ、この試合で決めたゴールのなかでどれがお気に入りかは選べなかったようだ。「どのゴールが一番か?難しいね。今日の試合は落とせなかったので、ゴールを決められたこと、勝利できたことに満足しているよ」

 今シーズン前半戦、バルサはカンプ・ノウで行われたベティス戦を3-4で落としている。そのときの経験を生かしたことついて、メッシはバルベルデのアプローチを賞賛した。「監督は試合を完璧に読んでいたよ。僕たちは指示通りプレーするだけで十分だった」

 この勝利により、バルサは2位アトレティコ・マドリードに勝ち点10ポイントの差をつけている。メッシはリーガ優勝が近いことを認めた。「リーガ優勝は僕たち次第だ。もちろん、まだ何も決まっていないけどね。」


MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部