執筆者:Sergi Sole

 グループステージではカカ、ラスト16ラウンドではルイス・ガルシアというように、抽選会には毎回元選手が登場するが、今回準々決勝を担当するのがジュリオ・セーザルだからだ。

 ジュリオ・セーザルは2010年にマドリードで行われた決勝戦を制した元インテルの選手である。この大会、バルサは準決勝でそのインテルに敗れた。

 それだけでなく、ジュリオ・セーザルはリオネル・メッシのまえに立ちふさがった数少ないゴールキーパーでもある。2009-2010シーズンを含むチャンピオンズリーグの3試合で、メッシはこの元ブラジル代表からゴールを奪うことができなかった。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部