執筆者:Marcelo Sottile

 スカローニはメッシの意思を尊重したが、多くの人間がレオを説得したといううわさが流れた。アルゼンチンフットボール協会(AFA)のクラウディオ・タピア会長もそのひとりだ。しかし、そんな話が繰り返されるのも木曜日までである。この日、AFAは3月23日のベネズエラ戦と27日のモロッコ戦に召集するメンバーを発表するが、そこにメッシが戻ってくるからだ。

 今回は、パリ・サンジェルマンのアンヘル・ディ・マリアも復帰すると言われている。スカローニのお気に入りであるインテルのマウロ・イカルディ含まれてないが、ただだからといってマンチェスター・シティのクン・アグエロに扉が開かれているわけでもない。

 久しぶりに召集されるのはマンチェスター・ユナイテッドのセルヒオ・ロメロ。昨年の親善試合にも召集されていたものの、メンバーには加わっていなかった。レアンドロ・パレデス、ジオヴァニ・ロ・チェルソ、フネス・モリなどは引き続き召集されるだろう。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部