この発言に対して、ジャーナリストのカルロス・エレーラはツイッターでピケのことを"cretino(アホ)"と表現した。このとき、名前のつづりも"Gerardo(正しくはGerard)"と間違えていたことから、センターバックはすぐに反応している。

「この国では誰もお互いの意見に耳を傾けない。先日、私は自分の意見を述べたが、カルロス・エレーラは私のことを"cretino"呼ばわりした。名前のつづりも間違っている。私は誰を批判するとき、侮辱的な言葉を使ったり、名前を間違えるようなことはしない」

 このコメントを受けたエレーラは「ピケの言うとおりだ。名前を間違ったこと、不適切な言葉を使ったことを謝罪する」とツイートしている。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部