決勝点を決めたラキティッチは、試合後に喜びを表現すると同時に、この勝利がチームの共同作業だったことを強調している。「とてもハッピーだし、この結果を誇りに思っている。4日間で2度のクラシコに勝利したんだからね。決して簡単なことではないよ。自分のゴール?セルジが完璧なボールをくれたおかげさ」

 3日前のコパ・デル・レイ準決勝第2戦のあと、ラキティッチは自身のゴールチャンスで改善が必要だと語っていた。「この前の試合のミスを分析したおかげだね。今日はちゃんと決めることができたよ」クロアチア人ミッドフィルダーはそのようにコメントしている。

 この試合の結果、マドリードとの勝ち点差は12ポイントに広がった。しかし、ラキティッチはライバルがこれでギブアップするとは思っていない。「マドリードに敬意を払っているけど、今回のステップは重要なものになった。ただ、リーガの試合がまだたくさん残っていることを忘れてはいけない」

 最後にラキティッチはベルナベウに来てくれたファンに感謝の言葉を述べている。「この勝利をファンと分かち合いたい。クレたちがたくさんのビールでお祝いすることを願っている。明日も休みだから思う存分飲むことができるね」

>>【3月5日まで】クラシコ勝利記念!バルサのユニフォームとトレーニングウェアが20%オフ!<<

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部