執筆者:Javier Gascon

 そのなかでアルトゥールの状況について質問された指揮官は、次のように答えている。「アルトゥールの状態は良くなっているよ。昨日はチームトレーニングにも参加したが、なぜこんなに早く回復したのかは分らない。しかし、水曜日の試合で起用するのは不可能だ。土曜日の起用については様子を見よう」

 バルベルデは続けた。「アルトゥールは素晴らしい選手であり、これまで我々をたくさん助けてくれた。ただ、チームは彼がいないリヨン戦でも良い試合をしている。ゴールはなかったけどね。何が言いたいかというと、彼がいるいないを結果の言い訳にしたくないんだ」

 セビージャ戦の後半、バルサは4-2-3-1で高いパフォーマンスを発揮した。次の試合のシステムについて質問されたバルベルデだが、デンベレについて「ドルトムント時代は右サイドが多かったが、両サイドでプレーできる選手だ」と語るにとどまった。

 ちなみに右サイドについて、バルベルデは「セルジ・ロベルトがプレーする可能性もある」とコメントした。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部