シーランはパルメイラスに所属する選手たちと"パチャンガ(どんちゃん騒ぎ)"を設定。フットボールへの情熱を開放して思い切り楽しんだことは本当に素晴らしいと思う。しかし、世界で最も売れたアーティストのひとりは、ボールを蹴るのにまったく向いていないことを証明してしまった。

 ハリファクス出身の歌手は、このときの動画をソーシャルネットワークにアップしている。触れるだけでゴールに入るという"キラーパス"を空振りする場面だ。動画にはレアル・マドリードに契約を依頼するコメントが付いている。

 クリスティアーノ・ロナウド退団後のゴール不足に悩むマドリードだが、シーランの獲得はなんの解決策にもならないだろう。万が一サインでもしようものなら、クラブ史上最悪のストライカーが誕生してしまう。

 この動画はすでに220万回以上再生されている。そのなかでフロレンティーノ・ペレスのアクションを願っているのはカタルーニャ人だけだ。

View this post on Instagram

@realmadrid sign me up plz

Ed Sheeranさん(@teddysphotos)がシェアした投稿 -

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部