執筆者:Sergi Sole

「チャンピオンズリーグでホームから離れて戦う試合は簡単ではない。我々はホームで強いチームだが、それでもアウェイの0-0は危険な結果だ。何としても勝ちたかったし、引き分けは想定していなかった。カンプ・ノウで行われる試合では、ファンの声援が必要になるだろう」

 指揮官はオリンピック・リヨンについて次のように語った。「我々を驚かせようする優れたアプローチだったが、その結果、プレーの変更を強いられることはなかった。序盤に何度かチャンスを作られたあとは、我々が試合をコントロールしていたと思う」

 しかし、バルサは最後までゴールが奪えなかった。バルベルデは言う。「あらゆる方法で得点を試みた。作ったチャンスは山ほどあるが、ゴールを奪うことができなかったのは残念だ。フットボールではそういうことが起きる。全体的には素晴らしい試合をしたと思うし、特にディフェンスは失点を与えなかった」

 ゴールから遠ざかっているルイス・スアレスについて質問されると、チングリは次のようにコメントしている。「チャンスを生み出せない状況なら心配だが、彼はそうじゃない。人間は失敗すると、より緊張してしまうものだ。ルイスにはミスを思い出さないで欲しい」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部