試合後、クレマン・ラングレはクリーンシートに満足している一方で、数え切れないほどのシュートを打ったにもかかわらず無得点だったことを嘆いている。「何度もゴールチャンスがあったから、この結果はちょっと残念だ。上手くいっていることは間違いない。ゴールさえあれば最高の試合だったと思う。相手ゴールキーパーが良かったよ」

 ラングレは続ける。「良い結果を出すために良い試合をした。足りなかったのはゴールだけだ。多くのチャンスを生み出せたのは、優れたプレーの結果だと思うけど、それでも得点は必要だよ。カンプ・ノウでは決めたいと思う」

 最後にラングレは相手チームを評価してコメントを終えた。「リヨンは素晴らしい才能がたくさんいるチームだ。我々は良く守ったと思う。どちらにとっても良いプレーができた試合だったね」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部