ガレス・ベイルもそのひとりだ。彼はエマ・リース=ジョーンズと結婚式を挙げる。場所は地中海西部のバレアレス海にあるピティウザス群島のひとつタゴマゴ島で、長さ1525メートル、幅113メートルの無人島だ。

 この結婚式に招待されている150名のゲストは、イビサ島から貸切の船舶でタゴマゴ島に移動する。そのため、パパラッチがその様子を撮影するのは不可能だ。ここに来ることができない親戚にために、2人は数週間後カーディフで別のパーティも予定しているという。  

 ベイルとエマが交際をスタートさせたのは、2人が高校生のとき。ウェールズのそれぞれの実家は3kmしか離れていない。本来ならばもっと早い時期に結婚式を挙げていたはずだが、エマの父親であるマーティン・リース=ジョーンズが国際的詐欺グループの首謀者として逮捕されたことから、2人は結婚式を延期していた。

 ちなみにエマとその父親は逮捕前から絶縁関係にあり、弁護士費用も負担していなければ、面会を行ったことも無い。マーティンは罪を認め、現在アメリカで10年間の禁固刑に服している。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部