執筆者:Ferran Martinez

 タケは2017年11月にFC東京とプロ契約を結んだあと、日本で多くの興奮を生み出してきた。J3で最初に出場した試合、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場には182社のメディア、7653人のファンが集まっている。同年にはファーストチームデビューも果たした。

 2018年、タケは出場機会を求めてシーズン後半に横浜F.マリノスへ期限付きで移籍する。現在、アンドレス・イニエスタが所属するヴィッセル神戸戦ではJ1初ゴールを記録した。しかしそのあとは、監督がより経験のある選手を重用したため、期待していたようなプレー時間は与えられていない。

 バルサは、戻ってきたタケをガルシア・ピミエンタに任せる。すぐに結果を求めるのではなく、より"プロフェッショナル"な環境に適応させるためだ。彼は違いを生み出せる選手である。

 昨年はFC東京でのスケジュールを重視したため参加しなかったが、タケはバルサを退団してからも毎年12月に元チームメイトたちに会いに来ていた。そこで彼らと一緒にトレーニングを行うためだ。かつてタケを指導していたテクニコたちは、見るたびに成長しているタケに驚いていたというう。やはり彼は特別な選手であり、今後さらに伸びるというのが全員の意見だ。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部