執筆者:Edu Polo

 ポジティブなニュースとしては、精密検査で筋肉の負傷が確認されなかったことだ。仮にクラシコ出場を見送ったとしても、今のチームには代わりに出場できる選手が揃っている(もちろんメッシの代わりはいないが)。ドレッシングルームが心配するのは、無理をさせることでメッシの状態がさらに悪化することだ。

 ただ、アルゼンチン人クラックはレアル・マドリード戦に出場したがっている。当然、カップ戦であることは十分理解しており、通常なら優先順位を低く設定してもおかしくない。しかし、メッシはすべての試合に勝利することを望む人間だ。

 今日のトレーニングのあと、メッシは再び検査を受けることになる。メディカルチームの見解では、最終的にプレーを判断するのはメッシ本人だという。

 試合前の記者会見はトレーニングの前に行われるので、バルベルデはそこでメッシに関する疑いをクリアにすることはできない。召集メンバーが発表されるのは20時(日本時間4時)ごろになるはずだ。最終的な判断を下すのはメッシなのだから、この状況で根拠のない推測を行うのはやめておこう。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部