この試合で決めたゴールについては次のように振り返っている。「私はそれほど多くのゴールを決める選手じゃない。得点はうれしいけど、相手がセビージャだからちょっと心が痛むんだ。(かつて所属したセビージャには)敬意を持っているからね。でも、私はチームを助けるためにここに来た。そのためにセビージャからゴールを決める必要があるなら、迷うことは何もない」 

 ラキティッチの目標は、国王杯決勝戦をベティスと戦い、その試合でゴールを決めることだという。「ベティスとの決勝戦でゴールを決めたいんだ。以前、ベティス戦でゴールを決めたあと、ホアキンに"このろくでなし!"って言われたんだよ。もちろん、まずは準決勝に勝つことが重要だけど」

 このインタビューでは、その将来についての質問もあった。ラキティッチは言う。「今まで何度も繰り返してきたけど、私はバルサで幸せだ。ずっとここに残りたい。今シーズンはとてもポジティブだから、ファン、会長、チームメイト、コーチングスタッフが満足してくれてるといいな」

 クロアチア代表ミッドフィルダーは続けた。「まだここでプレーを続けられる自信があるけど、将来を決めるのは自分だけじゃない。それで先日の『Gran Gala Mundo Deportivo』でバルトメウ会長に話しかけようと思ったんだ。将来が分るかもしれないと思って」ただ、このときは残念ながら会話のチャンスがなかったようだ。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部