その乱入者はオポッサムだ。オポッサムは北米から南米にかけて広く生息する小動物で、カンガルーやコアラと同じようにお腹に袋をもつ有袋類である。前半終了間際に現れたこのオポッサムは、レフェリーがハーフタイムを告げるホイッスルを吹いたあとも、しばらくピッチを歩き続けた。

 試合は前半に先制点を決めたプエブラが0-1で勝利したが、試合を中継していたテレビ局が選出したMVPは、このオポッサムだった。

 ちなみにこのオポッサム、動画を良く見ると右足を引きずっている様子が分る。どうやら怪我をしていたようだ。しかし、試合中に捕獲したスタジアムスタッフがこのあと動物病院に連れて行き、適切な治療を施してもらったという。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部