この特集を担当したホセ・バロソは、過去数年間にこの両クラブが繰り広げている争いをまとめた。最初は2013年にバルサがチアゴ・シウバを獲得しようとしたこと、次に2016年にマルキーニョスに興味を示したこと、そして2017年にバルサがヴェッラッティに接触すると、PSGがネイマールを2億2200万ユーロで購入したことだ。

 今回、バルサは一度は「バルサには行かない」と言ったデ・ヨングと契約したことに加え、PSGのラビオはバルサに行くために契約更新を行わないことを発表している。バロソは「バルサはPSGとの争いに完全勝利した」と締めくくった。 

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部