執筆者:Dani Gil

 昨日発行された『France Football』誌に掲載されたインテビュー記事には、アザールの「レアル・マドリードに行きたい」というコメントが掲載されている。ジャーナリストの「なぜ?」という質問には「あなたはその理由を知っているよ」と言う。

 それは子供の頃から憧れていたジダンが在籍していたクラブだから?アザールは「違う」と答えた。「レアル・マドリードだから行きたいんだ」このコメントは、フロレンティーノ・ペレスへのシグナルになるだろう。

 ベルギー人ジャーナリストのクリストフ・テレウルは、アザールはマドリード行きの可能性が失われた場合、一度排除したパリ・サンジェルマン移籍を検討すると言う。タイムリミットは来夏だ。「アザールを獲得すれば、PSGはネイマール売却の準備を始めるだろう」数ヶ月前からムンドデポルティーボが報じていたネイのバルサ復帰は、アザールのPSG行きで現実味を帯びてくる。

 以前アザールは、移籍について次のように語っていた。「イングランドではコミュニティシールドを除いてすべてのタイトルを勝ち取った。ただ、それがこの国を離れる理由にはならない。正直に言うと、イングランド以外での冒険を始めたいんだ。もちろん、ここにとどまるという選択だってある」

 しかし、彼のレアル・マドリードに対する想いは不変だ。 

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部