執筆者:Joan Poqui

 まずバルベルデは、この数日話題になっているストライカーの補強についてコメントした。「冬の移籍市場で獲得できなかった場合は、残っている選手とフィリアルの選手でプレーするつもりだよ。もし補強できれば、チームが改善されることは誰もが分っている。獲得目標?外から選手について話すのは拒否したい」

 バルサが獲得を狙うひとり、フレンキー・デ・ヨングについては、パリ・サンジェルマン行きがうわさされるようになった。このことを聞かれた指揮官は、次のように語っている。

「それが本当なら、バルサにとっては残念なニュースになるだろう。ただ終わるまで見守る必要がある。私は未来を予測しない。彼は優秀な選手だから、将来自分がどのチームでプレーするかはすでに決めているはずだ。ただ、彼はまだアヤックスの選手だ。これ以上コメントするのはやめておこう」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部