昨夜の『Catalunya Radio』によると、バルサのスカウトであるアンドレ・カリーがクリスマス前にネイマールと接触し、帰国の可能性について話し合ったという。同ラジオは、その後カリーが代理人ピニ・サハビ、ネイマールの親友アルバロ・コスタらと会談したことも報じている。

 ネイマールがたびたびバルサのドレッシングルームを訪問しているのは、復帰について元チームメイトの反応を確認するためだと言われていた。様々な論争を呼んだパリ・サンジェルマン移籍について、ネイマール本人はこれが間違いだったことを理解しているというのが一般的な見解だ。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部