執筆者:Edu Polo

 バルサはすでにアーセナルとの交渉を開始している。当初、バルサは完全移籍させる意向だったが、冬の移籍市場での投資を控えたいアーセナルがローン移籍を希望したという。バルサはシーズン終了後の強制買取オプションを条件に含めるはずだ。

 デニス・スアレスは2020年までの契約であり、ペップ・セグラは今が売り時だと判断したのかもしれない。デニスにとっては、アーセナルへ移籍すれば、セビージャ時代の監督だったウナイ・エメリの元でのプレーすることになる。もちろん、デニスの一番の関心事は、メスト・エジルが冬にチームを出るかどうかだろうが・・・。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部