執筆者:Joan Poqui

 この前に公開された『バルサTV』のなかで、バルベルデは自身の将来について「まだクラブのとの2年プラス1年延長オプションの契約が残っているが、先のことは誰にもわからない」と答えていた。

 そのため、この記者会見では指揮官の契約延長に関する質問が多く寄せられている。しかし、バルベルデはまたも自身の将来をクリアにはしなかった。

「監督の契約というのは結果に依存するものだ。優勝すれば幸せになるが、負ければ仕事を失うことになる。契約については当事者間で決めることだ。クラブと私の決定を尊重してほしい。それがどのようなものになるかは、いずれ分かるだろう」バルベルデはそのように語った。

 現在クラブが進めているプランには参加しているのか?その質問に対して、バルベルデは次のように答えている。「もちろんだ。我々はシーズンが始まる前からずっと一緒に進めている」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部