水曜日、FCアンドラはクラブ売却について複数の投資グループと話し合いを行っていることを認めたが、ピケが所有する会社がこれに参加していることは明かしていない、しかし、ムンドデポルティーボと『Diari d’Andorra』は、バルサのセンターバックがこのプロジェクトに関わっていることを知っている。その証拠は本日『El món a RAC1』で放送される予定だ。

 この5部チームを率いることになるのはガブリとジョルケラだ。2人とも現役時代をバルサで過ごし、バルサの下部組織で指導を経験しいる。ガブリはバルサBのコーチを務めていたが、2017年10月にシオンの監督に就任した。しかし、スイスでの指導は4ヶ月で終わっている。 

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部