日曜日の試合のあとビジャレアルに戻る前、ベティスの滞在先にアバロという名前の少年がやってきた。アバロはホアキンの熱心なファンで、彼をひと目見ようと両親につれて来てもらったのだという。

 チームが到着し、ホアキンに近づくアバロ。これに気がついたホアキンも歩み寄る。声をかけ、やさしく抱きしめると少年は泣き出した。ホアキンはユニフォームにサインを書いてアバロに渡している。

 このときの動画をアバロの父親は次のようなコメントと一緒に投稿した。「喜びの涙を誘うのに何のコストも必要としない。ピッチでもスターだがひとりの人間としても偉大だ。本当に素晴らしいよ・・・ありがとうホアキン、ありがとうベティス」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部