執筆者:Gabriel Sans

「ラフィーニャの長期離脱はチームにとって大きな痛手であり、彼のことを考えても非常に残念なものだよ。我々は補強の必要について分析しなくてはいけない」そう話すバルベルデだが、フィリアルから召集する可能性も否定しなかった。「アレニャはファーストチームの選手だ。現在、リキ・プッチ、コラド、モンチュ、オリオル・ブスケツらが我々のトレーニングに参加している。そのほか、デニスのような選手がいることも忘れてはいけない」

 指揮官は、最近論争の渦中にあったウスマン・デンベレについても語っている。「アトレティコ戦でのゴールが助けになることを願っているよ。ゴールはどんな選手にも自信を与えてくれるからね。デンベレには、出場すれば常にベストを尽くそうとする気持ちがある。あのゴールはその結果さ」

「明日の試合でも背番号11を目にするだろう。ウスマンは途中出場でも結果を出せる選手だ。先発したときは前がかりになるため若干アンバランスになるが、ベンチからでたときはいつもゲームに革命を起こす。それは我々の武器だと思っているよ。誰もが持っているような特性ではないからね。試合の流れを変えることができる選手は貴重だ」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部