「デンベレはまだ若く経験も不足している。世界的スターというにはまだまだの選手だ。しかし、彼は"ネイマールの代わり"という肩書きでバルサにやってきた。その移籍金も高額だったことから、本人はバルサに到着した瞬間から大きなプレッシャーを感じていると思う」

「新しいクラブ、新しい都市、新しい言語、異なるプレー方法に適応するのは簡単なことじゃない。彼の場合は重傷を負って4ヶ月間も離脱していた。シーズンを棒に振ったのも同じだった」

「今夏は良いフォームで戻ってきたが、チームは1~2回難しい瞬間を過ごした。その結果、エルネスト・バルベルデは戦術に変更を加えている。彼はリオネル・メッシやルイス・スアレスを犠牲にするつもりはなかったから、デンベレの起用が見送られたのは仕方が無いことだよ」

 だが、ジェラールは言う。「成功すれば、人々はこれまでのことを忘れて彼に拍手を送るだろう。過去バルセロナには同じような選手がいたことを忘れてはいけない。ロマーリオ、ロウナジーニョ、ネイマールは決して模範的な選手ではなかった。どちらかというとトラブルメイカーだ。しかし、ピッチでは優秀だったから、人々はそのプライベートを気にしなかった。デンベレが期待通りのプレーを披露すれば、きっとここでアイドルになれるはずだ

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部