問題の試合は先週土曜日に行われた第11節。6位のラインスブルフセ・ボーイズはホームに2位AFCアムステルダムを迎えるも、試合は前半に先制点を奪われる厳しい展開になる。

 そんな状況で、サポーターグループは用意した秘密兵器を投入した。雇ったストリッパーをピッチに走らせたのだ。関係者いわく「選手たちの気持ちを切り替えてやりたかった」とのこと。

 重要なのはこの作戦が成功したかどうかだが、結局試合は2-6で終わっており、何の役にも立たなかったようだ。一部では「自分たちが見たかっただけではないか?」という声もあるが、少なくともスタンドのファンが満足したことは間違いないだろう。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部