執筆者:Mario Calderon

 次の日曜日、レアル・マドリードがカンプ・ノウにやってくる。フレン・ロペテギにとっては、この試合の結果や内容が今後の進退に影響を及ぼすことになるだろう。

 もちろんレアル・マドリードは勝利を目指してバルサと戦う。最近5試合に勝利していないが、永遠のライバルに勝利すれば、状況は必ず好転する。少なくとも彼らはそう信じている。それがアウェイで収めた勝利であればなおさらだ。

 だが、レアル・マドリードがアウェイで行われるクラシコに勝つのことは容易ではない。以下にクラシコで最も多くの勝利を経験したレアル・マドリードの選手たちを並べたが、彼らの数字をみればビジターの勝利がどれだけ難しいかがよく分かるだろう。

1位 パコ・ヘント - 21勝/42試合出場(アウェイで7勝)
2位 アルフレッド・ディ・ステファノ - 17勝/24試合出場(アウェイで5勝)
3位 マノロ・サンチス - 15勝/43試合出場(アウェイで3勝)
4位 フェルナンド・イエロ - 13勝/37試合出場(アウェイで3勝)
5位 セルヒオ・ラモス - 13勝/38試合出場(アウェイで5勝)
6位 パコ・ブヨ - 12勝/29試合出場(アウェイで2勝)
7位 イケル・カシージャス - 12勝/37試合出場(アウェイで4勝)
8位 ラウル・ゴンサレス - 11勝/37試合出場(アウェイで3勝)
9位 ミチェル・ゴンサレス - 11勝/30試合出場(アウェイで2勝)
10位 エミリオ・ブトラゲーニョ - 10勝/27試合出場(アウェイで3勝)

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部