トレントで行われた今回のイベントで、アモールとフォルゲラは"バルサのカンテラはフットボール界における宝石"という講演を担当している。フットボールだけでなく教育にも力を入れているバルサの教育理念について、250名以上の参加者は熱心に聞き入った。そのなかには元指導者のアリゴ・サッキの姿もあった。

 フォルゲラはプロジェクト"マシア360"についても説明。クラブに入団した選手が、引退後に他のアスリートをサポートするシステムなどを丁寧に解説した。一方アモールは、40年以上の伝統を持つラ・マシアについて、彼の経験を中心に語っている。

 今回のイベントにはサッキのほか、ペップ・グアルディオラやカルロ・アンチェロッティら現役監督、パオロ・マルディーニ、ハビエル・サネッティ、ディエゴ・ミリートなどの元選手、スティーブ・ナッシュ、アルベルト・コンタドール、ブラッドリー・ウィギンスなど他競技の選手、UEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長、ラ・リーガのバビエル・テバス会長、ユヴェントスのアンドレア・アニェッリ会長らが出席した。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部