執筆者:Ferran Martinez / Fernando Polo

 今回、ムンドデポルティーボの独占インタビューに応じたセグラは、クラブについてさまざまなことを話してくれた。

-ゼネラル・マネージャーに就任してからあなたが行ったことは何ですか?

「私は多くの部門で活動しているから、ひとことで説明するのは難しいね。でも今夏の移籍市場では、アビダルやプラネスと一緒に素晴らしい仕事ができたと思っているよ」

-ロベルト・フェルナンデスはなぜクラブを去ったのですか?

「当初、ロベルトなしでやることは決まっていなかった。しかし、ロベルトの契約が終了するタイミングで、クラブは体制も新しくしようと考えたんだ」

-アビダルを選んだ理由は何ですか?

「いろいろなプロフィールを参照したが、エリックとラモンはまさに私が探している人物だった。技術部に確固たる構造を与えてくれたと思う」

-彼らが最初に直面したのがグリーズマンの移籍でしたが、何がうまくいかなかったのでしょうか?

「いや、彼らは何も失敗していないよ。結局のところ、移籍は選手の気持ち次第だからね」

-なぜ左サイドバックを補強しなかったのでしょう?

「クラブのポリシーの問題だよ。ファン・ミランダやククレジャのようなリザーブの若手に賭けたんだ」

-そのミランダはまだプレーしていません

「ファーストチームでプレーするには十分な準備が必要だ。まだ時間が必要だと考えている」

-センターバックの補強は?もしくはブスケツを起用しますか?

「我々はこのポジションに新しい選手が必要だとは考えていない。控えている選手がいるからね」

-マルコムはプレーしていませんが、どうしたのでしょうか?

「新加入選手については、まずバルサのスタイルに順応しなくてはいけない。我々はマルコムのクオリティが高まることを願っているよ」

-ビダルがソーシャルネットワークに不満を投稿していますが・・・

「彼のメッセージには二つの意味がある。ひとつは単純に起用されないことの不満。もうひとつは、クラブに貢献できていない自分自身への怒りだ。ビダルは偉大なチームに所属する一員だということを認識しなくてはいけない。チームメイト、監督、クラブへのリスペクトが不足している。今回の一連の行為が問題であることは本人も理解していると思う。我々はビダルの反省を見守るつもりだ」

-この件についてビダルと直接話しましたか?

「選手たちとは日常的に話し合っているよ」

-バルベルデ体制はこれからも継続するのでしょうか?

「現時点では質問できないこともある。バルベルデには1年の延長オプションがあり、彼が行使すると決めた場合、クラブはそれを受理するだろう」 

-タイムリミットはありますか?

「いや、タイムリミットは存在しない」

-バルベルデがクラブを去るケースを考え、すでに次期監督候補を想定していますか?

「まったく考えていない。バルベルデは完璧に仕事をこなしており、クラブとの関係も良好だ。心配することは何もない」

-アドリアン・ラビオの獲得に向かっているのでしょうか?

「新しい選手を獲得するために日々動いているのは間違いないが、特定の選手の名前をあげるつもりはない。我々が接触する選手の多くが、バルサ移籍に興味を持ってくれる。ここで選手名を言えば、彼らや所属先のクラブに迷惑がかかってしまう。だから名前は言えないよ」

-デ・リフトについて質問しても同じ答えですよね?

「いろいろなニュースが出ているが、面白いことに我々はこの選手を熟考していないんだ。メディアはかなり誇張している。もちろん、優秀な選手に注目するのは必要なことだけどね」

-ポグバ獲得は不可能な夢でしょうか?

「君は明日何が起きるか分かるかい?完璧には分からないだろう。可能性がある選手に絞って獲得に動くのが移籍市場だが、必要が生じたときにはさまざまな角度から攻めるものだ」

-ジョルディ・アルバの契約更新はいつ行われるのでしょうか?

「我々はアルバのパフォーマンスに満足している。彼もバルサでプレーすることに満足していると思う。ただ、契約更新に向けて進んでいないことは確かだね」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部