8月25日に行われたリーガ第2節レアル・バリャドリッド戦。FCバルセロナの滞在先のホテルに、横断幕を掲げている子供がいた。その横断幕にはドイツ語で「テア・シュテーゲンは僕のアイドル、あなたのグローブをください」と書かれていた。

 スタジアムに向かう前にこのバナーを目にしたテア・シュテーゲンは、試合後にグローブにサインして子供を捜したが、残念ながら見つけることができなかったそうだ。誰もがこの夢は叶わないだろうと諦めかけた。

 しかし、テア・シュテーゲンは諦めなかった。別のファンから横断幕の写真をもらうと、ツイッターで次のように呼びかけている。「ホテルで君を見たよ。試合後、空港にもグローブを持っていったんだけど、見つけることができなかった。プライベートメッセージで住所を送ってくれるかい。君にグローブを送るよ」

 このツイートに気がついた子供は、すぐテア・シュテーゲンに連絡して、念願のグローブを手に入れたようだ。素晴らしいことである。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部