69歳のホルヘ・ロドリゲスは、過去にスペインの刑務所に服役していたが、そのあとアルゼンチンに強制送還された。2年前からは病気の影響で、話すことも困難な状態だという。

 同紙によると、ホルヘに有罪判決が下ったのは2003年。罪状は麻薬の密輸だ。ギャングとつながり、スペインからフランスに10万ユーロ(約1300万円)相当のコカインを密輸しようとして失敗したそうだ。

 その後、2010年に2回目の審理が行われ、モロッコからスペインに大麻を密輸した罪が加わった。ホルヘは6年間の刑期を終えたあと、12万ユーロ(約1500万円)の罰金を支払ったという。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部