執筆者:Roger Torello

-4-4-2が採用されるのでしょうか?

「どんなシステムでプレーすることになっても、みんなが団結して戦うことが重要だと思う。オフェンスとディフェンスの両方でね。我々はマシンのように動かなくてはいけない。この苦しい状況を抜け出すドアはそこにしかないんだ。苦しくてもチームメイトが支えてくれる。我々はチームだから」 

-このトッテナム戦が転機になると思いますか?

「ポジティブなのは、3日ごとに新しいチャンスがあることだね。最近の結果で自己批判的になっているけど、まずは勝利したい。特に次は大好きなウェンブリーだから」

-ワールドカップの影響はあるんでしょうか?

「あの興奮の余韻はまだ冷めていない。ファイナルまで進んだからね。妻と子供たちを愛しているから、もっと休暇が欲しかったことも事実だけど、フットボールも愛しているから、芝の匂いも恋しかったよ」

-カンプ・ノウで行われるチャンピオンズの試合、バルサには何が起きているのでしょうか?

「チームは十分準備しているけど、ホームでもう少しリラックスする時期に来ているんだと思う。ウェンブリーのようなスタジアムでプレーできるのが一番いいね。もちろん、バルサに偉大な歴史があることは理解している。だから我々はすべての試合に勝利したいと思っている」

-トッテナムにはどのような印象がありますか?

「トッテナムには敬意を表している。彼らは第1節を落としたので、是が非でも勝利が必要だ。ロリスは素晴らしいゴールキーパーだね。でも、フランス代表だから好きじゃない。ワールドカップで我々に勝ったからさ!ケインは優秀なストライカーだ。彼がハットトリックを達成しないことも願うよ」

-バルサとの契約更新について

「自分の心のなかにバルサのエスクード(盾=エンブレム)を感じている。(契約更新について)いつでも呼び出してもらって結構だが、今のところ何も話はないね。私にとって一番重要なのは、毎日シウタット・エスポルティーバでトレーニングして、このクラブで多くのタイトルを獲得することだ」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部