執筆者:Fernando Polo

 その後、バルサはちぐはぐで野心が欠如した攻撃を繰り返す。一方のレガネスは、ブタルケの声援に後押しされ勢い付いた。そして後半、1点を返された直後にピケの最悪なミスから再び失点。この試合のバルサは自滅した。

 バルサの左サイドはジョルディ・アルバに代わりトーマス・フェルメーレン、右サイドはセルジ・ロベルトが先発している。1失点目は、この両サイドの責任が重い。ロベルトは腕を後ろに組んだままホナタン・シルバに簡単にクロスを許している。フェルメーレンはナビル・エル・ザールと競り合うことなくヘディングを決められた。

 そのわずか68秒後、今度はジェラール・ピケがミスを犯した。ユセフ・エン=ネシリとロングボールを争ったピケは、右サイドのロベルトにパスを出そうと試みたが、その酷いキックはエリア内に留まってしまう。このプレゼントをオスカル・ロドリゲスは逃さなかった。

 ジローナ戦とは対照的に、このあとピケが攻撃に参加することは無かった。自身のミスに意気消沈していたのかもしれない。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部