土曜日に行われたプレミアリーグのウルバーハンプトン戦のあと、ポグバは「ホームでは攻撃、攻撃、攻撃しないといけない。ユナイテッドが攻撃すれば、相手チームは恐れるんだ。今日は我々のミスだった。攻撃を妨げているもの?自分は監督じゃないから話せない」と語っていた。

 この発言は致命的だった。ドレッシングルームでの権威を失うことを嫌うポルトガル指揮官は、ポグバから副キャプテンの資格を剥奪すると、火曜日に行われたリーグカップのダービー戦ではスタンド観戦を命じている。

 その結果、『The Sun』は同選手が1月のバルサ移籍を目指していると報じた。ポグバの代理人ミノ・ライオラは、今夏実現しなかった移籍をこの冬に成立させようとしているという。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部