バルサファンの多くは試合中にも頻繁にネットを利用している。5月6日のレアル・マドリード戦では、平均7.7ギガビット/秒(Gbps)を記録したそうだ。2月4日にスーパーボウルが行われたUSバンク・スタジアムの平均が7.8Gbpsだったことからも、カンプ・ノウのネットワーク消費がいかに多いかが分かる。

 カンプ・ノウには約1500本のアンテナが分散して設置されている。この4Gネットワークのサービスは、世界最高の接続性を提供しているという。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部