日曜日に行われた湘南ベルマーレとの試合は、2点をリードされる苦しい展開になる。吉田孝行監督はこの状況を変えるため、59分にマンチェゴ(マンチャ出身者)をピッチに送り出した。しかし、ヴィッセル神戸はこのあとさらに1点を許し、0-3の敗北を喫する。現在チームは勝ち点25で6位、アジアチャンピオンズリーグ出場権を獲得できる3位までは8ポイント差だ。

 イニエスタのJリーグデビューは、日本だけでなく世界中のフットボールファンが注目する出来事だった。その証拠に、試合中はソーシャルネットワーク上に多くの言語でイニエスタに関する投稿が行われている。

 試合自体は残念な結果に終わってしまったが、イニエスタがチームに合流してからまだ数日しか経っていないことを忘れてはならない。試合後、イニエスタは「結果はネガティブなものだけど、デビューできたことにとても満足している。今は次の試合に備えよう。すべてのファンとパートナーに感謝している。ヴィッセル神戸を見に来てください」とツイートしている。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部