執筆者:Toribio Blanco

 ユヴェントスが支払う1億1200万ユーロ(約146億円)という数字は、フロレンティーノ・ペレスがマンチェスター・ユナイテッドに支払った金額とほぼ同じだ。マドリードはこのうち1億ユーロ(約130億円)を受け取り、残りの1200万ユーロは育成費用としてスポルティング・リスボンに500万ユーロ(約6億5000万円)、ユナイテッドに700万ユーロ(約9億円)ずつ分配される。

 かつて全盛期のジネディーヌ・ジダンがマドリードに移籍した形とは逆で、クリスティアーノはトリノに旅立つ。ロス・ブランコスにはまだベイルやイスコらクラックが残っているが、いずれもクリスティアーノの域に達してはいない。リーガ全体で見ても、彼と張り合えるのはリオネル・メッシくらいだろう。クリスティアーノの出発により、クラシコでの楽しみがひとつ減ってしまうことは残念だ。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部