イタリアのメディアは、ユヴェントスが7月10日火曜日にはクリスティアーノと契約を交わすと報じていた。しかしそれを実現させるためには、解決しなければいけない問題がいくつもある。例えば、クリスティアーノの移籍金は1億ユーロ(約130億円)といわれているが、フロレンティーノ・ペレスは1億3000万ユーロ(約169億円)までの上積みを要求しているという。

 イタリア各紙の報道によると、この移籍が成立した際、CR7の代理人ホルヘ・メンデスは2000万ユーロ(約26億円)の手数料を要求するそうだ。ペレスが移籍金の上積みを要求するのは、これも理由のひとつかもしれない。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部