執筆者:Oscar Zarate

 1億ユーロ(約128億円)の移籍金と年俸3000万ユーロ(約38億円)でクリスティアーノ・ロナウドの獲得を目指しているユヴェントス。クリスティアーノ本人も「私は子供のころからいつもユーヴェが好きだった」と語っており、ビアンコネリ(ユヴェントス)に好意的な印象を持っているようだ。

 3ヶ月前に行われたチャンピオンズリーグの試合では、芸術的なオーバーヘッドを決めたこのマドリードのクラックに対し、ユヴェントス・スタジアムに集まった40849人の観客は1分間拍手を送り続けた。「とても美しい時間だった。対戦チームの選手に拍手を送るのは簡単なことじゃないと思う。ユーヴェには子供の頃から良い記憶しかない。私に拍手を送ってくれたユーヴェファンに感謝しているよ」試合後、クリスティアーノはそのように話していた。

 クリスティアーノは、対戦相手から拍手を受けたのはあれが初めてだったと語っており、UEFAのインタビューでも本当に嬉しかったと語っている。今回、マドリードとユーヴェ間での話がまとまれば、本人はユーヴェ行きを希望するかもしれない。 

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部