執筆者:Francesc Aguilar

 FIFA副事務局長も務めているズボニミール・ボバンは「ルールはルールであり、これに異を唱えることはできない。セネガルにとっては残念な形だと思うが、次のラウンド進出に値したコロンビアと日本を称賛すべきである」と語っている。

 このアイデアはどのように生まれたのだろうか?ボバンは次のように説明した。「2014年ブラジル大会のとき、ある幹部がジャンニ・インファンティーノ会長に提案したんだ。会長も私もすぐに気に入ったよ。その後、そのアイデアを前進させることになった」

 今回、日本は途中から"フェアプレー"での勝ち上がりに賭けた。それを予想していなかった世界中のテレビの実況や解説は、驚きを持ったコメントでこの試合を中継している。FIFAはこのルールが新しいことから、そのような反応があることも予想していたという。

 この"フェアプレー"の差で敗退が決まったセネガルのアリウ・シセ監督は「我々のワールドカップは美しく終わった。最後の試合も楽しめたよ」と選手たちを称賛した。 「"フェアプレー"の差で勝ち抜けなかったのは、我々がそれに値しなかったということだよ。まれなケースとはいえ、ルールはルールだから尊重している。実際、他のグループで同じことが起きていた可能性もある。いずれにしても、コインを投げて勝ち抜けを決定するよりは、よっぽどいいよ」

 ポーランド戦で世界が驚いたのは、日本が終了まで時間を残しながらも、"フェアプレー"を利用するために試合を放棄したことだ。彼らはフットボールを諦めていた。

 "フェアプレー"の定義はとはどんなものだろうか?ボバンは次のように説明した。「ファウルには2つの種類がある。正々堂々プレーしたうえで偶発的に発生するものと、プレーを有利に進めるために分かっていながら犯すものだ。後者は"フェアプレー"ではないね。暴力的だったり、非スポーツ的な行動も"フェアプレー"の精神に反するものだ」 

 この"フェアプレー"ルールは、2022年カタール大会でも採用されることが決まっている。出場国が48チームになる米国、メキシコ、カナダ共催の2026年大会では、16チームが3グループに分かれるレギュレーションになるため、FIFAはまた新しいルールを採用するだろう。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部