執筆者:Oscar Zarate

 乾が日本代表にデビューしたのは2009年1月20日のイエメン戦、彼が20歳のときだった。2011年、当時所属していたセレッソ大阪からボーフム(ブンデス2部)に移籍したあと、フランクフルト(ブンデス1部)を経て2015年にエイバルに移籍。そして来シーズンからはレアル・ベティスでプレーする。

 乾は初出場となるこのワールドカップ直前のパラグアイ戦でも2ゴールを決めており、シーズン中からのフォームを維持している。

 今回のセネガル戦では34分に1点目を決めたあとにも、クロスバーを叩くシュートなど惜しいチャンスが続いた。そして再び1点リードを許した78分、大迫のパスを中央に折り返し、本田の同点ゴールを演出している。日本は最終節ですでにグループステージ敗退が決まったポーランドと対戦。この試合に引き分け以上でノックアウトラウンド進出が決まる。

 この近江八幡出身選手のベティス入団は、キケ・セティエン監督の強い要望で決まった。ベティスが2021年までの契約を提示したことからも、期待の高さがうかがえるだろう。ワールドカップが終わったあと、リーガでの新シーズンでも活躍が楽しみな選手だ。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部