執筆者:Xavier Bosch

 マルク・イングラを抑えてサンドロ・ロセイが当選した2010年のバルサ会長選挙。このときイングラをサポートしたビクトル・フォントが、2021年の会長選挙に立候補することを表明した。

 昨日、そのフォントがジョゼップ・マリア・バルトメウ会長に宛てた手紙が、ツイッター上に公開されている。フォントが、バルトメウに今後のプロジェクトの説明および修正案を要求する内容だ。

「親愛なるジョゼップ・マリア・バルトメウ会長へ。我々のグループは、バルサの将来についてのプロジェクトを準備していますが、私はあなたのことをもっと知りたいと思っています。(中略)我々はあなたたちの前で、改善案をプレゼンテーションします。(中略)我々はバルサを世界で最高のクラブにしようと考えています。(中略)うまくいけば、私は次の会長選挙に立候補するでしょう。私はクリーンに争うことを約束します」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部