火曜日にはエマニュエル・マクロン大統領がセンターを訪問し、トレーニング見学後にインタビューを受ける場面があった。しかしその際、大統領がPSG所属のキンペンベのファーストネーム(プレスネル)をあからさまに避けて話したため、もしかして彼は選手の名前を知らないのではないか?という疑惑が生まれている。

 ジャーリストは続けてデンベレについて質問。大統領は「バルサでプレーしている素晴らしい選手だ」と答えたものの、やはりファーストネームで呼ぶことはなかった。そこでジャーナリストが「彼のファーストネームは分かりますか?」と問いかけると、マクロンは「私はクイズに答えるためにここにいるのではない。もちろん選手全員の名前を知っているとも。たまに間違えることはあるけどね」と答えた。

 その日の夜、記者会見に出席したウスマン・デンベレは、大統領のインタビューで何が起きたのかを教えてもらったあと、次のようにコメントしている。「私は大統領のことを知っているよ。彼はマルセイユの大ファンなんだ。彼が僕のファーストネームを知っているか?それは別にたいした問題じゃないさ」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部