新シーズンから”バルサアカデミー”へ名称が変更することが発表された同スクールは、最近では日本に奈良校と熊本サテライト校が開校したばかりである。日本ではすでに福岡と葛飾にもスクールが存在しており、たくさんの子供たちがバルサメソッドを吸収すべく、日々トレーニングに励んでいる。現在10歳のアイタロウくんもそのひとりだ。

 2017年3月に家族が福岡に引っ越すと、アイタロウくんはすぐにバルサアカデミー福岡校に入会した。それまで家族はカナダで生活しており、新しい生活に戸惑うことも多かったというが、アイタロウくんの父親は「バルサアカデミーのコーチやスタッフ、そして他の親御さんたちの笑顔に何度救われたか分かりません」と語る。

 そんなアイタロウくんが、アカデミーが毎年選出する年間MVPに選ばれたことは、家族にとって非常に喜ばしいことだった。以下はそのアイタロウくんのインタビューである。

-年間MVPに選ばれた感想を聞かせてください

「最初は信じられなかったけど、とても嬉しかったです。これからも成長して、また来年もMVPに選ばれたいと思います」

-バルサアカデミーの楽しいところはどこですか?

「みんなで協力してパスを回して、ゴールが決まったときはとても気持ち良いです。頭を使って考え、その場にある問題を解決することも楽しいです」

-普段、アカデミーではどんなことを学んでいますか?

「パスのスピード、トラップの位置、ポジショニング、状況判断、数の優位性、個の優位性、ポジションの優位性などを勉強しました。トレーニングで学んだことを試合で活かせることがとても楽しいです」

-サッカーが上手くなるためにどんな努力をしていますか?

「僕が気をつけていることは2つあります。ひとつめは、自分が好きな選手のプレーを見て、シュートやフェイントなどを参考にすること。ふたつめは、トレーニングや試合の前に必ず目標を立てて、それに挑戦することです」

-これからの目標を教えてください

「もっと状況判断ができるようになることと、試合中に気がついたことを、自信を持って周りに伝えることです。そして将来は世界で戦える選手になりたいです」

 福岡校の当時のテクニカルディレクターであるオスカル・コカは、アイタロウくんをMVPに選出した理由を次のように語っている。「アイタロウはシーズンを通して技術面の高さ、様々な状況での理解力、競い合う気持ちを見せてくれた。また、常にチームプレーを心がける仲間意識を持っている点は際立っていたと思う。努力と学ぶ気持ちで、アイタロウは1選手としてだけではなく1人の人間としても大きく成長しているよ」

 その成長については、一番近くにいる家族も実感したという。アイタロウくんの父親は言う。「バルサアカデミーでは、日々のトレーニングから子供たちに考えることが求められます。そしてその判断を尊重して実行したあと、コーチを含めて反省点や改善点を話し合います。そのときのアイタロウの表情が本当に活き活きとしていて、本当にサッカーを楽しんでいるのが伝わってきました。それが私たち親には本当に嬉しかったです」

「例え自分の判断が間違っていても、アカデミーはそれを受け入れてくれるんです。だからアイタロウには、失敗を恐れず、自分の限界以上に挑戦したいという気持ちが生まれました。またピッチ内外で全体を見渡す視野の広さが備わり、例えば自分の行動が他人にどんな影響を与えるのかなど、思いやりの気持ちも強くなったと思います」

「そしてバルサコーチたちが常に考えさせるため、自分で考え、行動に移し、反省するという循環が生まれました。これはサッカーだけでなく、宿題や遊びなどにも表れていますね。問題に直面したときも、落ち着いて考えていると思います」

 最後に父親は、スクールで学んだのはアイタロウくんだけではないことを強調した。「コーチやスタッフたちは、寛容であること、他人をリスペクトすること、協調性をもってチームとして働くこと、集団に溶け込むことを実践していました。親としては学ぶことばかりでしたね。スタッフの皆さんが子供たち同じ目線でサッカーを楽しんでいる姿を見ると、スポーツの本当の価値を教えられた気がします」

 バルサアカデミーは、毎年世界中にその数を増やしている。それは彼らのサッカーのメソッドが優れているだけではなく、何より純粋に子供たちの成長に寄与したいという気持ちの強さも高く評価されているからこそだろう。

【バルサアカデミー福岡校】サッカー初心者の子供達が安心してプレーできるミニバルサクラスではじめよう!

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部