「ネイマールがレアル・マドリード移籍に近づいていることは、すべてのファンにも大きなショックを与えていると思う。この件についてネイマールと話したことがあるか?少なくとも私の意見は知っているよ」メッシはそのようにコメントしている。

 ネイマールも優れた選手だが、メッシは世界最高の選手だ。しかし本人は、自分の位置を意識したことはないという。「世界最高の選手になることに興味は無い。考えたことすらないよ。1位だって2位だって関係ない。シーズンが始まるたびに、もっと改善しようと思うだけだ。そしてすべての試合で勝利を目指し、チームメイトに自分のベストを捧げようとしている。世界最高の選手じゃなくてもいいよ」

 メッシは続ける。「自分の目標はずっと向上し続けることだ。それを争うのはライバルではなく自分自身さ。もちろん、シーズン終了後に獲得しているタイトルは、多ければ多いほど良いよ。今年はぜひアルゼンチン代表でそれを勝ち取りたい。クリスティアーノ?私とクリスティアーノの個人を比較するのではなく、バルサとマドリードのライバル関係に刺激を感じて欲しい」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部