デニスは先日のコパ・デル・レイ決勝のセビージャ戦が60試合目、リーガ第35節デポルティーボ戦が61試合目の出場だった。つまり、現時点で480万ユーロ(約6億3000万円)の出場ボーナスが発生しているのである。シティが受け取っている金額は累計740万ユーロ(約9億7000万円)になった。

 これとは別に、2016年にビジャレアルから買い戻した際に325万ユーロ(約4億3000万円)を支払っているので、現在までの総コストは1065万ユーロ(約14億円)だ。

 今シーズン、デニスはリーガ16試合(先発4試合)、コパ・デル・レイ5試合(先発4試合)、チャンピオンズリーグ3試合(先発2試合)、スーパーカップ1試合の合計25試合に出場している。特に2018年に入ってからは、エルネスト・バルベルデのプランに欠かせない選手になった。

 現在、ナポリをはじめヨーロッパの複数のクラブが興味を持つデニス・スアレスだが、本人は来シーズンもバルサでプレーすることを希望しており、おそらくそのとおりになるだろう。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部