試合後にインタビューを受けたガリシア人ミッドフィルダーは、限られた出場機会での目標について語った。「僕はこのチームで成功したいと思っている。出場時間は限られているけど、チャンスを与えられたときには精一杯結果を出そうとしているんだ」

 最終的にこの試合は同点に追いつかれてしまったが、デニス・スアレスの考え方はポジティブである。「勝ち点1ポイントを獲得したことで、また一歩リーガ優勝に近づいた。何より、この時点で無敗だということはすごいと思う。この記録は大きなモチベーションだ。リーガはまだ終わってないけど、とても興奮させる要素だと思う」

 このあと、バルサはコパ・デル・レイ決勝戦にフォーカスすることになる。チームが狙うのはリーガとの二冠だ。デニスは言う。「チャンピオンズリーグに敗退しても、僕たちの価値が損なわれることはない。あくまでも別の大会だ。もちろん、チャンピオンズは重要な目標だったけど、今はリーガとコパの二冠に集中しているよ」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部