執筆者:Ferran Martinez

 実際、マドリードの育成部門ディレクターでスカウトのダビド・フェルナンデスは、シウタット・エスポルティーバで行われる試合を何度も観戦している。ラ・ファブリカ(レアル・マドリードの下部組織)では、数名の選手がターゲットに挙げられているという。U-17スペイン代表のセルヒオ・ゴメスやファン・ミランダや、U-19代表のオリオル・ブスケツなどだ。

 レアル・マドリードは彼らの代理人には接触せず、その家族に直接話を行う。今のクラブでの待遇に満足しているか、契約内容は十分か、選手の両親からあらゆる情報を聞き出すのだ。代理人を介さなければ、バルサに知られずに動けるという算段だろうが、バルサはこの行動を把握しており、マドリードに対して不快感をあらわにしている。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部