執筆者:Joan Poqui

「我々がバレンシアよりも強い意志を持っていることを証明するよ。決勝戦に進出したいという気持ちは、バルサのほうが勝っている。本当は第1戦で勝負を決めたかった。しかし、我々はプロフェッショナルだ。当然2試合の準備を整えている」

「バレンシアは難敵だ。ボールを持てば積極的にプレーする。ホームではファンの後押しも受けるだろう。彼らが準決勝に進出するためには、この第2戦で逆転しなければいけない。戦い方を大きく変えてくることは無いと思うが、スピードのある選手を起用するなど、変化を加えてくる可能性はある。展開次第でバレンシアは前掛りになるかもしれないし、守りを固めるかもしれない。いずれにせよ、我々は全力を尽くして対応するだけだ」

 バルベルデは先発メンバーについてのヒントを与えなかったが、バレンシアの攻撃力を警戒していると語った。「バレンシアはその攻撃力で多くのチャンスを生み出すチームだ。守備に集中が求められることは間違いないが、無失点で終えられる確証は無い。だから0-0を狙うのはとても危険だ」

 ルイス・スアレスは累積警告がたまっており、次の試合でイエローカードを受けると決勝戦に出場できなくなる。そのことを質問されたバルベルデは次のようにコメントした。「その件について話したか?いや、警告について話したのはずっと前だ。結局は選手に任せるほかない。ルイスはベテランだから、自分をコントロールする方法を知っているよ。温存すること?決勝進出が確定していない以上、現在のベストの戦力で臨まなければいけない」

 最後に、ルイス・エンリケがチェルシーの監督に就任する可能性について聞かれたが、指揮官は感想を述べることを避けた。「チェルシーはプレミアリーグ王者だ。コンテは多くの勝利を収めている優れた監督だよ」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部