執筆者:Joan Poqui

 週末のエスパニョール戦でジェラール・モレノのタックルを受けたセンターバックは、右ひざ外側側副靭帯を痛め離脱が報じられたばかりだった。「ピケが負傷して試合を終えたことは事実だ。しかし、離脱に至るようなものではなかった。プレーの可否については今日のセッションで判断するつもりだよ」バルベルデはそのように説明した。

 18時から始まるトレーニングセッションの結果、ジェリー・ミナのデビューが決定する可能性もある。指揮官は次のように話した。「ミナはいつでもプレーできる状態にある。まだ試合には出場していないが、トレーニングを見る限り問題は無い。我々にとって重要な存在になってくることを願っている」

 エスパニョール戦でのピケのゴールセレブレーションが起こした論争について、バルベルデは沈静化させる必要があると主張する。「もうあらゆることを話したんじゃないかな。ダービー前もダービー後も・・・。いい加減に止めなければいけない。フットボールに論争はつきものだし、メディアにとって格好の材料であることは分かるけど」

 指揮官は続ける。「ラ・リーガがピケのセレブレーションを罰する?彼らは自分たちが適切だと思う処置を行うことができる。私から言うことは何もない。ただ、あれはずっと前から何度も繰り返されてきたジェスチャーだけどね。フットボールが好きな人間なら、必ず見たことがあるセレブレーションだ」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部